ecomo UVクリーナー


UVクリーナーを買う前に、幾つかのポイントを簡単チェックしましょう。

ecomo エコモ UVクリーナーなら、気になる家庭のアレルギー問題も、これ1台でスッキリ解消!布団に入り込んだダニの死骸や排泄物を より確実に吸い取ります。

UVクリーナーに内蔵されたUVランプの照射でダニの活動率を抑制して細菌を無力化。底面・上面のダブル吸引構造で、舞い上がるホコリも逃がさずキャッチしてくれます。ダストボックスのゴミはワンタッチで外して簡単にお手入れできるのもうれしいポイント!水洗いもOKなのでいつでも清潔に保てます。

UVクリーナーはアレル物質も逃がさない高性能フィルターを内蔵。布団はもちろん、ソファやカーペット、クッション、衣類、カーテン、シーツなどにも使用できます。

通販 UVクリーナー
・本体サイズ(約):
 幅27×奥行30×高さ16cm
 電源コード長さ:約5m

・本体重量:約2kg
・本体材質:ABS樹脂

・電源:AC100V 50/60Hz
・消費電力:350W
・保証期間:1年
・吸込仕事率:約88.1W


ただでさえ大変な布団干し。花粉や梅雨などで外に干せない時期でもUVクリーナーが大活躍してくれます。

HEAT UVクリーナー AIM UC05CG クリスタルゴールド

HEAT UVクリーナー AIM UC05CG クリスタルゴールド
10,800 円
●【新機能】温風式:温風で除湿!ダニの繁殖を防ぎふっくらした布団環境に。※ 温風温度は約40〜60℃(周囲温度が20℃〜35℃の場合で環境温度によって異なります) ●ダニ・ホコリ・花粉は【ecomo UVクリーンシステム】で手軽に除去! ●パワフルたたき&ダブル吸..

HEAT UVクリーナー AIM UC05BK インディゴブラック

HEAT UVクリーナー AIM UC05BK インディゴブラック
10,800 円
●【新機能】温風式:温風で除湿!ダニの繁殖を防ぎふっくらした布団環境に。※ 温風温度は約40〜60℃(周囲温度が20℃〜35℃の場合で環境温度によって異なります) ●ダニ・ホコリ・花粉は【ecomo UVクリーンシステム】で手軽に除去! ●パワフルたたき&ダブル吸..
CS Shop



ad.

布団専用UVクリーナー ecomo uv

布団専用UVクリーナー ecomo uv
10,924 円
■■■■■■■■■■■送料無料・セール開催中!!■■■■■■■■■■■■       >>>■■■■■■■■■■■■■■■>>>■>ご購入の商品この商品は【布団専用UVクリーナー ecomo uv】です。※品名・サイズ・品番等をよくご確認の上ご購入ください。■>送料について買い物カゴに表示される価格に送料は..

布団専用UVクリーナー ecomo uv

布団専用UVクリーナー ecomo uv
10,605 円
■■■■■■■全品ポイント2倍・送料無料・セール開催中!!■■■■■■■       >>>■■■■■■■■■■■■■■■>>>■>ご購入の商品この商品は【布団専用UVクリーナー ecomo uv】です。※品名・サイズ・品番等をよくご確認の上ご購入ください。■>送料について買い物カゴに表示される価..
CS Shop


ラインアップを比較して、お買い得度の高い、お気に入りショップを見つけるのも楽しさのひとつ。納得買いの大切なポイントになりますネ!

※商品仕様等は予告なく変更される場合がありますので、仕様詳細は飛び先ページの記述を優先とさせていただきます。ご了承ください。

 


▽ecomo UVクリーナーに関連するクチコミも気になるところです。

Q.レイコップ・スマート と ツカモトエイム ecomo UVクリーナー AIM-UC01 と言う商品 どちらかを買おうかと悩んでいます。 レイコップは高いのですが、本当にその値段の価値があるのか やや疑問です。 ツカモトエイム ecomo UVクリーナー となぜ、こんなに値段が違うのか? 布団専用に掃除機を買おうと思い、仕事をしているので日中何枚も乾燥機にかける時間が無いので UVの付いたものと思ったのですが 値段と物は比例するのか? 何が違うのでしょうか。
A.ハッキリ言っちゃえば、2番煎じだからです(^-^;A 値段が違うのか? はじめに出たのはレイコップ、これには特許や開発にお金をかけています。
それに伴って製品価格は当然コストをそれに上乗せするので必然的に高額商品になります。
ところが、同等商品を特許を使わない全く別の構造で作ってしまえば開発費用なんて全く必要ありません。
人気商品を買ってきて分解して構造が分かればあとは、特許に触れない構造として別の角度からアプローチしてしまえば単なる掃除機にUVランプがついただけの商品ですから原価なんて2~3000円程度で作れます。
経費を含めてまあ7~8000円程度で販売して大ヒットすればぼろ儲けっていうところが実情なんじゃないでしょうか。
ただ、人気商品?に便乗した類似品っていうのはiPodの類似品と同じようなものでiPodが1万5千円、類似品は1500円なら、ブランドを気にしない同等の機能を備えたものなら1500円でも構わないっていうユーザー層をターゲットにしてばらまくわけです。
値段に比例するか? これについては、大差はないと思います。
一つだけ言えるのはレイコップもecomoもダニには全く効果がないということです。
紫外線はあくまでも殺菌をするだけです。
ダニは紫外線では死滅しません。
赤外線による高温と外気などの換装した水分条件が整わなければダニはただ布団の中で繁殖を続けます。
表面に出てきたダニは多少吸取れますが、掃除機と比較したら圧倒的な低い吸引力で除去できるのは表面的な布団カバーの繊維くずだけです。
ダニを死滅させるのに最も効果があるのは布団乾燥機または天日干しです。
参考までにダニの退治対策方法のリンクを掲載しておきます。
http://www.rakuten.ne.jp/gold/futon/mame-danikabi.html 高温と乾燥でダニはほとんど死滅するので、乾燥や干しが終わったら、布団叩きでダニの死骸を表面に浮かせて、最後に掃除機で吸い取ることが一番効果があります。
レイコップもecomoも上記URLに示した乾燥という工程がないので、結局はダニは死滅せず布団の中にしがみついているから叩いても殆ど吸い取れません。
CMで宣伝していると、だれでも飛びつきたくなるような「医師が開発した」などという謳い文句には、実際の根拠が伴っていません。
医師が開発したものがダニの除去やアレルギーの改善に効果があるとは一言も述べていませんよね? そして、ほとんどの方のレビューが買ったばかりの人が、埃かダニかわからない物体が取れたと喜んでいるコメントだけで、取った埃の中にダニを確認したという方は一人もいません。
もちろん、アレルギーが直ったという書き込みも全くありません。
冷静に考えればわかることですが、今まで掃除機をかけなかった布団をレイコップを買って掃除するようになった、だから快適になったっぽい?(ダニは死んでいないけど)つまり、普通の掃除機で掃除しても同じ効果が得られるわけです。
ダニを殺すなら布団乾燥機か天日干しを併用したうえで、布団クリーナーを使うなら正直言って効果絶大です。
ブランド名にこだわるならレイコップ、他人に見せびらかしたりママ友ご近所への自慢話をするつもりがないならecomoでも効果は大差ありません。
布団掃除機だけでダニは死滅しないということを頭に入れて、面倒でも天日干しか布団乾燥機を併用した後に布団掃除機をかけるならどちらも優れたツールになります。
意味を分からずに購入する日本人特有の謳い文句に踊るような低レベルな消費者にならないでくださいね。

詳しくはこちら

Web Services by Yahoo! JAPAN